様々な老人ホーム|住宅型有料老人ホームが人気の理由を調べよう

自分に必要な施設を選ぶ

老人ホームを利用する場合には、その施設でどのようなサービスを行なっているのかをまず調べましょう。自分や利用する方に必要な設備、ケア、サポートを行なっている施設を選ぶことで充実した老後を送ることが出来ますよ。

老人ホームの種類まとめ

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは民間事業者が運営している老人ホームになっています。特徴としては、要介護レベルの高い方でも入居可能で常時介護を行える体制を整えている施設になっています。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームも介護付き有料老人ホームと同様に民間事業者が運営しているケースの多い施設になっています。自立している方々に人気のある施設で、自由に生活が出来る施設として評判が良いです。

特別養護老人ホーム

地自治体によって運営されることが多い公共型の施設に特別養護老人ホームがあります。この施設は要介護3以上からの入居になっており、基本的には介護がメインの施設となっています。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設では介護だけでなく、医療サポートも必要な方が利用する施設になってます。持病持ちや治療中の方が多く暮らしている施設ですが、医療ケアはしっかりと整っているので安心できます。

様々な老人ホーム

男の人

全国各地の老人ホーム

老人ホームは全国各地の至る所に存在しています。また、老人ホームにも種類があり、種類によって介護のレベルも変わってくるのです。そのため利用者にとって必要な介護が受けられるかどうかを判断しながら老人ホームを探しましょう。

老人ホームの施設

老人ホームを大きく分けると民間と公共に分けられます。広島にもある住宅型有料老人ホームは民間が運営する施設になっており、法人団体や地方の自治体が運営する公共型では特別養護老人ホームがあります。

それぞれの特徴

現在存在している老人ホームの多くは民間型がほとんどです。公共型の老人ホームは自治体が運営しているので費用が安いという特徴を持っていますが、入居しづらいという部分があります。

広告募集中